千歳烏山 寺町 散歩
  2018年3月29日(木)昨日の駒場~中目黒、祐天寺に至る散歩に引き続いて、本日も以前より訪れたいと思っていた千歳烏山「寺町通り」から「桜の名所 井の頭公園」の散歩を行った。関東大震災後、都心の区画整理により震災を受けた26の寺院が烏山町に移転してきて、南北600mに亘る「寺町通り」が造られた。これらの寺院は、桜を植樹している所が多く、まさにこの時期が恰好の散歩コースになっている。特徴ある寺院を回遊してからは、桜の名所・井之頭公園に足を延ばした。この公園には昨春に訪れながら、さくらが2~3分咲きだったため、満足な光景が見られなかった。しかし、桜が満開のよい機会なので急遽訪れることにした。
 寺町通りに入る。最初は妙高寺
  多聞院・乗満寺・常栄寺 
   幸龍寺
  称往院極楽寺 
禅寺では、葷酒を禁じる戒壇石は見られるが、蕎麦を禁じる碑があるのは当山だけである。
   妙祐寺
  妙寿寺
  専光寺 (喜多川歌麿 墓所)
 高源院
  妙善寺
  寺町通りを抜けて、さらに北に進むと、玉川上水に交差する。そこから、10分ほどで久我山駅に到達する。
 井の頭公園
 花見シーズンの井の頭公園は各地から多くの花見客が訪れ大いににぎわう